食育

たまには家事の話を!

 

昔ながらの出汁をとって味噌汁作り。

出汁は昆布・カツオ・アゴなどを水だしでもできますが、昆布・カツオ節・煮干をミキサーにかけて粉末にし、そのまま味噌汁の出汁が取れます。

もちろん魚からのカルシウムも取れるから一石二鳥です。

味噌汁以外に煮物や、お塩を加えればふりかけにも変身できてしまう代物です。

 

子供が小学生の頃、食育の公演会があり、食べ物が成長期や、その後、数十年後の病気などと関わることを知り、母親が実践していて、それを自分もしていたことに誇りを持ちました。

 

ただ現代の子供は添加物で育っている子が大半。ファミレスやコンビニで売っている弁当には添加物が含まれる料理が沢山あります。

 

息子は添加物が食べられない訳ではないけど…

インスタント食品をあまり食べさせて来なかったのです。

そのせいか…外食やコンビニなどを利用することはなく、時々、学食は利用しますが、ほぼ自炊生活。

自炊が楽しいみたいだからいいですが…笑

 

しかし、体調が悪い時のご飯が…

 

その為、コチラがクールもしくは冷凍で食事を作り送ってます。離島だから送料も半端ないです。

 

時々、思うのです。

ある程度、添加物に慣れさせておいた方が本人が楽に過ごせたかもと。

 

それに結婚したら味にうるさいから、お嫁さんが可哀想になるかもと。

 

しかし、本物の味を知っておくと、何かとアレンジもできます。

今はクッキング動画もあるし大丈夫ですしね。

 

ひとえに食育と言いますが…

現代人は暮らしにくいのか暮らしやすいのか疑問です。