不審と不安

昨夜やっとグッスリと熟睡できた!

 

この1ヶ月、悪夢にうなされ寝た気がしなかった。

朝起きると汗ビッショリな毎日…

 

原因は、子宮頸がんの組織検査の結果に対する不安だった。

結果、子宮頸がん中等度から高等度に移行しており、子宮円錐術を行う。その後、良性か悪性か調べ、悪性の場合は子宮全摘に加え抗がん剤治療なんだろうな…。

 

実は、ここまでくるまでに、ぼぼ5、6年と時間を要した。

以前、通院していた某総合病院でも同じ結果だったにも関わらず、担当医は「大丈夫、大丈夫。また組織検査に来てね」と軽く言われていた。

不審さと待ち時間の長さと予約無視行動にブチ切れていたことと、その頃は毎月、ウツになっていたこともあり、自然と足が遠のいていた。

 

子供の受験が終わり時折、腰痛が激しくなっていた。

睡眠薬を服用しているにも関わらず、どんな体制で寝ていても腰から下がだるく、痛みで眠れず、たまに運転中にギックリ腰になることもあった。それに下腹部痛も伴い…なんだかヤバいかもと、クリニックに受診しました。

 

紹介状を某総合病院ではなく、違う病院にしてもらいました。

 

現在の担当医にも「何故、アチラの病院にしなかったのか」と聞かれましたよ(¯―¯💧)

さすがにハッキリと言えなかったので「嫌だからです」と言いました。

医師はカウンセラーじゃないから悪口とか聞きたくないし、言った所で同情にはならないからです。

 

今回はネットで調べ、専門医もいる今の病院を選び、ハッキリ病気を発見してくれたドクターと出会い幸せです。

 

やはり、不審さがあるドクターは不安しか残らないからです。

 

 

 

とりあえず眠れるようになったから安心です。