苦しい時こそ自分を客観視

私の性格は根暗で人見知りである。

そして、のんびり屋でマイペースでマルチタスクが微妙(¯―¯💧)

マルチタスクではなく、一点集中型である。

感受性が強く、芯が強いのに、そこから生える枝がポキポキと折れやすい。繊細とも言われる。第5感ではなく第6感まである。人には見えないモノが見えてしまう。

 

長所は、気立てがよく気が回り、マメである。

自己評価ができるようになり、自己承認も出来てきた。程よい自尊心もある

(これについては鬱になると、ものすごく自尊心が半端なく低下する。)

ネガティブな表現をポジティブ表現に変えれることも覚えた。

自分に厳しく他人には甘くがモットーである。

自分でいうのもなんだか…優しさが滲み出て思いやりが半端ないらしい。

探究心と分析が好きで何事も納得行くまでやる。

優先順位を決めて行動する。

仕事については、辞めた後に好評価を上司が知るパターンが何度もある。

必ず戻ってきてと声掛けがある

(戻らないけど…)

 

短所は、繊細が故に生き辛く、個室で早口で矢継ぎ早に物事を言われると反発が出来なくなる弱さがある。頭の中の整理ができないのである。そして所々、記憶が抜けてしまう。

嗅覚が優れているのか、アダルトチルドレンもあり、どこそこアスペルガー(落ち着きがない、学習障害…カタカナが苦手)なんだろう。だからか、いつも人間関係に行き詰まる。

人見知りもある為に相手に自分を見せるまで1年以上かかる。

 

一言で言えば、ド真面目で完璧主義な自己中なんだろう。

 

 

趣味は調べモノ

得意は、なんだろうと考えた時…

料理番組を見ていて、その日に作れること。

料理には手は抜かない主義…自分が不味いと思ったら相手も不味いと感じるからだ

凝り性な為、色々なモノに手を出しては最後までやりきるという性質もある。

 

 

幼き頃のなりたい夢は専業主婦だった。

 

モノが捨てれず片付けが異常に下手くそな母を見てきたのもある。私は、要らないと思ったらジャンジャン捨てるから笑

 

母は料理以外が出来なかった。忙しいこともあったが、雑巾も縫えない。アイロンも、ため息が出るくらい下手くそで、そういうことも自然と私の係になっていた。

 

しかし、唯一かなわなかったのは、お菓子作りだ。適当に作っているのに素晴らしい完成度であった。孫にも色々と作っていたようだ!

 

このことに関しては嫉妬もなく、羨ましいとも思ったことはない。現に分量を計るとか細かい微妙なことが苦手だから。それが出来る人は凄いと思っている。

 

 

こんなんだから双極性障害になってしまったと思っている。鬱から始まり、たまに躁になりと現在は正常である。

 

自分を知らないと身内や他人を知ることができない。

自分以外は、ほぼ他人である。

 

自分を知り、好きになるまで、自分を信じるまでに30年かかった。

まぁ〜一生、自分を知ることが出来ない人もいるみたいだから…良かったと思うことにしてる。

 

 

敵はいるけど…関わらない。

自分の味方でいる人と分かち合えば生き辛さも和らぐ。

 

 

ただ、好きってのは解るけど…

愛してると言うことが理解できないのである。

一つ理解出来たのは…

愛情=理解できる、理解すると言うことと考えてる。