ある程度の拘りがあるから買い物は楽しい

昔から目的がなければ出掛けない。

冷蔵庫が空になり究極になると嫌でも買い物に行かなければならない。

 

一時は生協使っていたが、子供が大きくなるとコストが重さむ為、スーパーに切り替えた。

何か別の目的がある時に一週間分の献立をフル回転させ、一気に買う。

 

最近はLINEにメモ機能を作り、買うモノをリストアップさせている。(買ったら削除する)

 

とにかく、ダラダラ目的のないウインドショッピングなどは疲れる。

 

友達と買い物に行くと別行動をし、時間を決め、集合し、お茶を飲んで帰る。

とりあえず合理的な行動をしたい派である。

 

物欲がない訳ではなく、欲しいモノは悩んで見つかるまで探す。壊れても一応、修理して、それでもダメな時は泣きながら捨てる。

 

今現在、欲しいモノはカタログを見てるだけで幸せな気分になる。

 

調理器具は100均などは使わず、長く使えるモノを厳選して買う。

「もう拘りとしか言えない」と主人からボヤかれる始末(笑)彼は100均が好きだから…

 

普段ケチでも我慢ではなく倹約すること!

県民性なのかなぁ〜とつくづく思うw

 

そろそろアイロンも替えたい…が、30年経っても壊れないから使い続けている。

 

ミシンは水平釜のコンピューターだが、コレを売って、ジューキの安い基本的なモノを買うか、ロックを買うかを、この何年も考えている。

先月、久しぶりに叔母と会った時、

「ミシンが壊れて、もう要らないかと思った瞬間、胸がザワついて買ってしまった」と言っていた気持ちが理解出来た。(この人とは昔から似ている所があり共感ができるのである)

 

人にはわからない価値観がある。

モノにしても買い物にしても何にしても拘らない方が楽かもしれない。

しかし、妥協できるところとできないところは、趣味にせよ、仕事にせよ、変わらないと思うのである。

 

 

買い物の論点からズレてしまったが…

 

 

とりあえず買い物20分を目標にすると余計なモノを買わないと言う理論である。

 

 

 

 

 

因みに、主人は買い物好きである。

だから、時々、お願いをする。

お互い料理ができる為、まな板が二つあるので、たまに並んで作るようにしている。

 

ウチは結婚式をしていないので、ケーキ入刀の共同作業と似ている感じがして楽しんでいる

(๑ˇεˇ๑)*・゜゚・*.¸¸♪