嫉妬と執着は紙一重

パートナーの携帯とかブログなどのSNSを監視したり見たりするのは嫉妬ではなく執着です。

私も以前は主人の携帯を夜中に盗み見してました…アハ…、現在は見てません。

 

法律のことは良くわかりませんが、コレ、法律的にはプライバシーの侵害で訴えられちゃうみたいです。

 

訴えられるから止めた訳ではありません

 

 

人は人、自分は自分だし、好きとか嫌いとか面倒くさいじゃないですか〜嫌われてるとか好かれてるってことは自分を理解してくれてるんだぁ〜と勝手に思っています。

 執着は嫉妬をも上回り、自分を見失うことに繋がるからです。それに嫉妬したところで原因は自分だったりするのです(¯―¯💧)

それに重箱の隅をつついている醜い人みたいになる感じがして…。

 

嫉妬は愛情ではなく、ただの執着だと気づいたら気持ちも楽になるんだろうけど…これが、なかなか出来ないのは相手に依存してしまっているから。

 

「私は、こんなにアナタを愛してるのに、なんで他の人と浮気をするのよ」と思っている妻

要するに「押し売り愛」

新聞屋の兄ちゃんが新聞をとってくれるまで帰らない感じです。

まぁーこんなのが嫉妬

コレが監視体制…携帯を見る、GPSをつける、隅々まで粗捜しする、「私の方がアナタのことを良くわかっているのに!腹が立つ、憎き女」となる訳です。女は旦那さんが浮気をしたら相手の女を憎むんです。

こうなると執着になってます。

私の場合、女より旦那さんに見切りをつけてしまいますが…笑  さよならです!

 

 

 

ちょっと余談になってしまいますが、

若い頃に痩せていてスレンダーだった女性はプックプックになった自分が見えてない…鏡に映った自分が肥ってしまったと思い込みたくないのです。脳内に肥ってないと思い込ませる。思い込ませることで、まだ大丈夫と安心してしまって、旦那さんの愛情は自分にあると思ってしまうのです。

これも自分に対しての執着なんだろうなぁ〜

私の場合、幼い頃から栄養失調腹で20才まで骨太デブだったので、拒食症を期に肥ることが怖くなってしまいました。肥ってしまう不安の執着です。

 

 

 

 

つまり

嫉妬は可愛い部類

執着は怖い部類

 

となります。

 

 

 心当たりがある方は、相手を泳がせて様子を見ながら接して下さいね〜(๑ˇεˇ๑)*・゜゚・*.¸¸♪