自分の哲学がない人っているんだ^_^;

よく言われる承認欲求とは、

人に「認められたい」

人から「褒めてもらいたい」ですね。

 

それを誰にしてもらうか!?

 

先日まで働いていた職場のスタッフの一言に愕然としました。

「営業が初めてだと信頼関係を育むまでに時間がかかるよね」

ソレ…違うだろう!

「彼女、始めて10ヶ月経ちましたよね!?」

そりゃね、個人差もあるよ。

 

 

じゃあ、今まで、何をしてきたの?

(原因は?)

なんで、以前の人より、お客様が減少したのか考えなかったの?

(改善策は?)

どうしたら増えるのか?と考えなかった?

(対策法)=(方法論)

 

 

彼女は育成担当の言う通りにしてきたらしい

「待っていれば、お客さんがくるよ」と

それを鵜呑みにし思い込んでいた。

アホか!!

営業は自分で歩いてナンボじゃんか!

 

この仕事は、いつから配達になったんだ!?

言われたことしかできないのか?

 

長年の出入りしている所なら、恥も外聞も捨てて、お客様に聞けばよいし、そういう情報のが当てになることもある。

信頼関係ができるまでには、相当な時間がかかると言われているが…

日頃の営業態度や姿勢、コミュニケーション、関わり方によっては2.3ヶ月で信頼関係はできる。

先ずは、そこまで行くまでのプロセスこそが大切で、結果となり自信に繋がる。

 

この仕事の嬉しいことは、

「アナタが担当者で良かった!!」と言って貰ってこそ、認められたと感じる時なのです。

 

(実は、この言葉を頂いた次の日に家庭の事情で辞めました。

お褒めの言葉をもらい、実は…と事情を説明したら悲しんでいる表情が胸に刺さりました。)

 

感謝されることが自分の自信に繋がり、魅力的な女性として羽ばたけれるのです。

自信がつけば自分で承認欲求ができるようになる。

「今日は頑張った!」とか

「沢山の笑顔を頂いた」とか

「私って、こんなにできるんだ」って

 

この仕事のお客様の大半が女性。

女性は販売スタッフの姿勢や気遣いなどを見ている。

女性を口説き落とすことが第一歩。

 

 

同じ仲間に良い顔をするくらいなら、お客様に対し素直な気持ちと正直さ、商品に対する情熱さを伝えることこそが自分の成長に繋がると考えてほしいです。

そして、マネージメントやプレゼンの勉強、練習をもっとやってもらいたいと思いました。