読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鶴の恩返し

私の母親は、自分の感情を子どもにぶつけ、支配とコントロールを常にしています。

今は改心してますが、父親も、それに近かったです。(殴る蹴る当たり前)

 

幼い頃の私は何をしてもノンビリで、考える前に母が怒鳴ってきます。

「グズ・バカ・ノロマ・ブス・暗い」と。

そして父親の悪口。

自分は常に正しく、正義であると言う。

「私の言う通りにやれ!」

「私の言うことは絶対!」

アイデンティティなんて確立できない状態。

よくもまあー酷い言葉が出てくると思ってました。

 

こんな母親だからか反面教師です。

 

自分の子どもは全く違った育て方をしました。褒めることは、できませんでしたが…素直なマザコンに育ちました(笑)

 

子どもに期待するあまりに支配とコントロールを続ける母には、現在、それ相当な仕返しを実行中。

産んでくれて、感謝とかありがとうとかありません。

一時は死んでくれと思っていましたが、今は良い"金づる"になってくれてます。

 

父親の一番許せなかったことは、息子がお腹にいる時に、お腹や身体を殴る蹴るとしたことです。人のすること!?と疑いました。

幸い、流産はしなかったです。

[感情に支配された醜い生き物]と感じたことは一生忘れません。

 

母親の因果応報は私で終わらす。

そして弟は結婚せず実家を占拠中。両親に因果応報をしてます。

 

15才で家を出た私の次のターゲットは弟。

同じように支配・コントロールが始まりました。

ずっと私が盾になっていましたから。

もう耐えれませんでした(T_T)

 

保育士であった母は、他人の子どもからの評判は良く、自分の子どもは放ったらかし。

そして気に入らないとビンタと罵り…

 

父親に対する嫉妬に振り回され、意地としがみつき人生だったような感じがします。

 

今は、自分の子どもからの"支配"と"金づる"に堕ちました。

まぁー本人は全く気づかず、自分が「天下」を取ったように口先だけいっちょまえです。

 

そして、両親は子どもに対し

「鶴の恩返し」をしています(* ̄m ̄)