読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変わりゆく躰

一昨年、閉経した。

47だった。

世間では55前後と言われている。

初潮も早く、生理になる度、出血も半端なく出る。生理パットにも悩まされた。

もっと憂鬱なのが三日間、布団から出ることができない為、母に仕事を休んでもらいトイレ介助をしてもらっていた。それが月に3回、1回が一週間もあるので、産婦人科に通院していた。

 

高校生(勤労学生)になると勤務していた病院が産婦人科で治療対象になった。

まぁー治療費は無料だが、結果、原因はわからず相変わらずだった。

 

後々わかったことだが…

低体温やストレスによる月経異常であった。

 

そんな状態が閉経まで続いた。

 

閉経後はダイエットホルモンと言われるエストロゲンが極度に低下する。その為、何をしても痩せなくなった。

閉経後の治療をすれば多少なりともエストロゲン補充はできるのだが…出血が追いかける。

 

肥るのはキツい。

肥りだすと脳から「吐け!吐け!」と司令がある。

若い頃に過食症から拒食症になり、肥満に対しての嫌悪感と不安がよぎる。

この不安がストレスになり、別のストレスと混ざり蓄積して行ってしまうからだ。

 

とりあえず、子宮頸癌の精密検査の知らせが来ているので、相談がてら、今月には婦人科受診することにした。

 

言い訳になっちゃうけど…

痛いんだよね〜精密検査…

子宮の一部の組織を麻酔もかけずパッチンと切られるから^_^;

それに一週間セックスできないし…

こんな時だけ性欲が強いのは辛い(T_T)