試練

「人生は試練の連続である。」と思って行動している。

 

今回のことについてもだが…

 

子供が小学生の時、保護者の学級委員をした。

4.5.6年生と。

 

5年生より今まで理事がやっていたことを学級委員が背負うこととなり、文章から学級のリクリエーション、毎年行われるカルタ大会の準備・進行を任された。子供会では会計をした。

 

6年生になると全体の学級委員長と子供会の会長の同時進行となる。

実際、キツい。保護者からのバッシングや相談も聴くこともあり、先生への苦情や相談の窓口となり、文章からリクリエーション、カルタ大会の進行も重なり疲れ果てていた。

ある時、5年生全体でプールとかき氷大会をリクリエーションをしたことが成功し、6年生は肝試しとカレーライス作りをすることになった。

コレには学校の許可から先生達の纏め役となり、もう精神的に限界が来ていた。

保護者会で、とうとう涙が止まらない状態となり、自分の弱さを知り、「助けてください!」と一言告げた。

初めはバッシングがあったが、日頃から頑張っている姿を見ていた人から助け舟があった。

タイムスケジュールや買い出しなど、肝試しの用意を助けてくれたことに感謝している。

子供達も喜んでくれ、保護者も大成功と笑顔で言ってくれたことは今でも忘れない。

情けないが、県外から嫁に来た者は、田舎では圏外に近い。

それでも支えてくれた保護者に「やって良かった!」と言ってもらえたことは財産である。

 

そして冬がきて、ある問題が出た。

学級のお別れ会だ。

その年毎にやってもやらなくてもいいと謳われているものだ。

賛否両論はあったが、有志でしてくれた人がいた。感謝してる。

 

その前に、ある保護者と電話で揉めた。

その人は「私が学級委員をしていれば良かった」と大口を叩いて、怒鳴ってきた。「言うならば、あなたがやればいい!」となったが、結局こういうことを言う人に限って行動をしない。他の保護者からも反感があり彼女無視で事が終わった。小中高と一緒だったが、この一件より無視している。許さないと言うより呆れたからだ。

 

学級委員長の仕事は卒業しても終わらず、3月末で確認作業をして終了した。

子供会も一連の作業をUSBに取り込み終了した。

 

「あ〜やっと終わった〜✧ \(°∀°)// ✧と思った。

 

実はまだ終わりではなく、中学校の部活の部長となり会計は仲良い知り合いにやってもらった。

今までは資料から会計を顧問がやっていたが、保護者が行うこととなり、保護者会の召集や規約、通帳などを作成した。

以前よりは楽だが、顧問との三者の話し合いをして決め事をしていた。

 

「あ〜これで終わった〜」と肩をなでおろした。

と、思った矢先、高校3年生で学級委員に推薦された。

この頃は鬱真最中で、さすがに断った。

 

何故、私なんだ!とネガティブになったが、人は日頃の努力と実績で判断すると考えた。

 

 

地味に実績を積んで、今の自分がある。

しかし、試練は人生の修行であると悟るまでに時間と体力と精神状態が必要不可欠である。

 

鬱になったから困っている人に手を差し伸べ、優しくできると考えている。

 

今も人生の修行真最中であり試練そのものであると考える。

 

 

まだ続くのかなぁ〜( ̄▽ ̄;)

 

 

 

 

 

 

チーム

ボランティア活動にも部長・班長・会計がいる。

 

では、

「纏め役は誰か!?」

 

[部長]は全体の纏め役と総合的な論議や議論を発信すること。他に、上層部からの指示に対し、動員や意見の纏め役である。

 

[班長]は提案や他の人の調整役、裏方で他の人の意見の纏め役で部長に報告や相談、アドバイスを聴き入れる役。懇親会の幹事になることもある。

 

 [会計]は全体の出納を把握する役

 

 

今、この問題で悩んでいる( ̄▽ ̄;)

 

 

どうやら班長は、ただの連絡係と思っているらしい。

一人の、この発言でブチキレるどころか呆れた。

もう言葉も出ない。

薄っぺらいもんもんや発言に、さすがにキレた。

会計から議論をしたいと話を進めても、知らない内に芸能界の話。

心の中で、

「お前、班長だろ?」「バカか!」

 

ここは『仲良しクラブ』か

 

日に日にストレスになっていく。

離れたいがチームである限り難しい。

 

ある方に相談した。

はてなの方。

胸に沁みたというか、彼なりの考えで投稿して貰って"ハッと"した。

感謝してます!

 

そして、以前から気になっていたことが繋がった。

類は類を呼ぶというが、ホントだと確信できたことも嬉しかった。

 

このことで、彼女には電話もsmsもしてない。

一度、信頼が崩れると元に戻るのは時間を要する。

だから活動以外、距離を置くことにした。

 

陰口になってしまうが、彼女は女性にも男性にもあまり好かれていない。

それは、悪い意味の<あざとさ>があるからだ。裏表がしっかりわかったのは、男女共の悪口や陰口が非常に好きであること。そして、あらゆる他人の情報にアンテナを上げ、自分はなんでも知っていることに誇りを持っていた。

 

そして、「察して欲しい」ということだ。

人は気持ちに寄り添えることはできるが、「察すること」は無理に近い。言葉に出して言わなければ人の心情はわからない。

そのことに彼女は気づいていない。

自己愛が強すぎて、自己を正当化し自己欺瞞に陥っている。一種、可哀想な人である。

他に、嫌われることに対し敏感である。

良い所を見せようとするが、裏目にでていることに一切、気づいてない。

人が反論すると同じ土俵に立ち、目立とうとする。

薄っぺらい人なんだろうと分析し解釈している。

 

この世界は年功序列なので…

次回の部長は彼女である。

 

先行きとして、たぶんだが、活動が、ぶっ壊れるのではないかと考えている。

まぁ〜自分の能力のなさに気づくだろう!

 

くわばらくわばら

嫉妬

昔から女性に妬まれる。

原因は良くわからない。

 

特別、美人でもなく、どちらかというと不美人に近い。

けど…人に憎まれたことはあまり無い。

性格は男っぽいというより中性的。

共感より論議が好きである。

 

妬まれるということは関心を持たれてると解釈している。

 

しかし、最近になって…

会う度、電話する度、同じ人に同じことを何度も言われると僻みに聞こえてならない。

 

あるボランティア活動をしていることを前回、話したが…ココでの話。

 

1年半まで更年期ウツになり活動ができない状態となり、何度か辞めたいと上に懇願していた時期だった。

 

その頃、なんかの大会で日帰りの県外出張があったらしい。

幹部と他1名が参加した時のこと。

市外のメンバーから

 

「〇〇(私)さんは来てないの?」と何人かに言われたらしい。

 

コレが妬みの引き金!

 

それまで、色々な研修会や懇親会に顔を出し参加して交流していた。仕事をしていたから時間や休みを、より良い活動を目指して参加して人脈を作っていた。仲間と認めてもらうことも視野に入れていた。

 

認めて仲間になるには、相談もするし考えさせる機会を貰っていた。

実績だけでなく成果も問われる世界だ。

 

私のコンセプトは狭く浅く付き合うだが、この活動は広く、ある程度深く付き合わなければならない。

(地元に深い付き合いをしている親友あり)

 

それは、チームを纏め、より良い活動を行うこと、そして未来の活動員を増員する目標もある。

 

だからか私の中では

「仲良しクラブ」で終わらせたくない気持ちであった。

 

女性というのは、自分に注目が集まらなくなると僻みとなり、それが嫉みとなり、終いには妬み(嫉妬)とつまらないものに変換される。

 

どうやら、自分は鈍感力をつけ過ぎたようで嫉妬心が失せてしまった感じである。

 

ちょっと昔は生き辛く、人に敏感で、人の心を裏の裏の裏を観察するような性質で、ちょっとしたことも傷つく繊細な性格であった為、苦しい時代を生きてきた時に<鈍感力を付けると良い>と本で読み実践してきたことが、逆に人の心を察しれなかった。

 

 

でも思うのです。

妬まれるということは幸せに近づいていると。

要するに羨ましいってことだよね。

 

自分は人に媚びを売ることは、もっとも嫌い。

ましてや人を立てるなんてしない。

常に対等でありたいと考えている。

 

[嫌われて上等!!] [嫌われてナンボ!!]

孤独には慣れている。

それでも世界に一人でも理解者が居れば悲しくないから、どうぞ妬んで下さい。

 

妬みや嫉み、僻みは不幸の始まりです^ ^

幸せを引き寄せたかったら、これら3つ最低でもしないことです^ ^

 

人を気にするなら、先ずは自分を知って理解して分析能力を身につけることをオススメします。

 

 

原因不明の闇

2.3日前よりウツ症状が出ている。

 

今回のウツの原因は良くわからない。

分かっていることは

1.信頼していた人が実は、発言のみで言い訳ばかりして行動しない人だったと言うことで愕然としてしまったこ

2.討論しているのに、芸能人の話に切り替わり、長年の目標が見えなくなってしまったこ

3.一応、許したが…

弄りは嫌だと散々言ったのに弄りというよりいじめ対象となったこ

4.無責任な発言で呆れたこ

5.子宮頸がんにて入院したこ

入院については想定内であった

6.妬みと嫉妬に疲れたこ

7.弱い人に対し、しつこく責め続けるタワケ者をみたこ

8.入院前から寝不足が続いたこ

9.女ってめんどくさいと思ったこ

が…

多分、ストレスとして爆発してしまったのだろう

( ̄▽ ̄;)

 

 

躁状態なら寝れないから、その内くたばるので楽だが、鬱は考えがループしたりすることが多々ある。

しかし今回は、この何年か起きなかった症状が現れた。

1.突然なにも出来なくなる

2.人の声も電話などの音もうるさく感じ、誰とも話したくない

3.ひたすら眠る

4.洗面・洗髪がめんどくさくなる

5.イライラというより、なにも考えられなくなりボーとする

6.過去の出来事が蘇る

7.自分を正当化していた

8.感情がない

 

性格や性質にも関係するが、疲れていたんだなぁーと思った。

 

お金を遣うことに躊躇していた反動かなとも考えた。

 

 

いろいろなことが重なったことが原因と分析。

 

ちょっとずつ良くなっています。

あと、2日くらいで元に戻る予感。

 

まぁ〜過呼吸で救急車状態にならなくて良かったです。

 

最近は二年に一度、ドガーンと理由のわからない鬱がくるから自分でも苦しさ100倍です(T_T)

心の距離

この間、あるボランティア活動の親睦会に参加した。


真面目な話をする場面で…

ある女性が開口

「未来も大切だけど、現状のことの方が大切じゃない!?」

はい?
コレ言ったら話が先に進まないよ。

討論したいが共感してほしいみたいだ。

発言するなら行動してほしいが、
発言して皆に共感を求めるのは、どうか?
と思っていたら
違う話題になっており
何でだ?と疑問だけが残った。


この人と、思いは同じと思っていたが…

 


もう無理だぁ~!


目標が低すぎて、ついていけない

 


目の前のことではなく先を見ようよ…
この発言で長年の課題も削除されて行った。

 

 

 

もう一緒にできないので、
今年度にて辞める決心ができた。

 

去るものは追わず、来るものは選ばせて頂きます。

 

依存からの脱出

依存とは色々あるが
専業主婦だからと言って
精神的に自立はしている。

毎度、事後報告だし
どうしてもの時だけ主人に頼っている。

経済的依存は主人にしている。

仕事は病気が治ってから始めることにしている。
が…
仕事中毒になりやすい為、週3回、3~4時間を目指している。


あと、お酒は突然呑めなくなり、
その内、煙草も辞めれそうである。

性欲は主人と彼に埋めて貰っている。
まぁ~一人でもするけどw


依存と執着は紙一重だが、
依存は自分自身の問題であり
執着は相手がいる問題であると考えている。


多少、依存も、なにかに執着するのは構わない。
しかし、相手に迷惑する様なことは極まりない。

だからこそ趣味や好きなことに目を向けることが大切である。


依存や執着から脱出すると、
自由の解放が待っていると考察する。


そんな自分に出会いたいと日々、成長することが楽しみである。

 

今は如何に嫌われる勇気を持つ力を発揮出来るかをお試し中。

 

嫌われる勇気は孤独ではなく、
周りをみて空間認識能力を持ちつつ、
素直に尊重していくものと考えている。

 

悟りは自分を知る中で大切なことだと若い世代から教えてもらっている。

 

 

感謝と一日一善を忘れなければ、
例え、ささやかな小さな幸せだとしても
幸せと繋がる。

SNS検証

instagramはてな、LINEは続けることにしました。

しかし、instagramも納得の出来る写真を撮った時だけup。毎日、開くことを止め、気が向いた時にだけ見ることにしました。

イイネとかフォローも見た時だけに。

 

離れて行く人もいれば、継続してくれる人もいる。自分なりの進め方ですることが大切だと思いました。

 

はてなは、自分を知ることに大切なもの

けど…その内に辞める可能性ありです!

仕事するようになったら、見向きもしなくなる存在となる。

なんせ、一点集中型だから(笑)

 

 

 

昔の三種の神器に囚われていた感じw