SNS検証

instagramはてな、LINEは続けることにしました。

しかし、instagramも納得の出来る写真を撮った時だけup。毎日、開くことを止め、気が向いた時にだけ見ることにしました。

イイネとかフォローも見た時だけに。

 

離れて行く人もいれば、継続してくれる人もいる。自分なりの進め方ですることが大切だと思いました。

 

はてなは、自分を知ることに大切なもの

けど…その内に辞める可能性ありです!

仕事するようになったら、見向きもしなくなる存在となる。

なんせ、一点集中型だから(笑)

 

 

 

昔の三種の神器に囚われていた感じw

SNSの一時中断する件

しばらく、ゲーム・電話以外のSNSから脱却することに決めました。

LINEは連絡が有ったら見るだけ。

とりあえず、人間関係に繋がるすべてを整理しようと思う。

 

 

辞めようと考えた理由

1.緻密に繋がると傷つきたくないのに間接的に傷つく。

2.スマホ依存症になってきている。

依存症=中毒

3.繋がりが非現実化になり現実をちゃんと見ようと思う。

4.無くなっても大丈夫か検証したい。

5.最近は、タバコとiphoneがセット(昔のコーヒーとタバコがセットみたいな感じ)である。

6.突然、お酒が呑めなくなった現象をキッカケとしタバコとiphoneから離れる。

7.LINEの既読しないのが気になるから。

8.必要性があるか分からなくなった。

9.LINEについては家族との連絡に使うので、それ以外の連絡は既読無視して、必要と思う人だけと連絡する。

10.写真は撮り続けます。投稿はしません。

 

※尚、家電話がないので電源は付けておく

 

自分が傷つかない方法を考えただけですが…笑

コレがないと生活出来ないクラスまで陥っている感じがある。学生時代はポケベルだけだったのに、携帯の便利さで自分を見失う形となり悲しくなることが多々。

 

 

便利=裕福

裕福=心の余裕ではない  と悟りました。

 

 

どれたけ離れることが出来るか検証し、結果報告を、またしたいと思います。

 

 

一言

私だって不安なんだよー! !

 

嫌われたくないよー!!

 

って、叫びたい…

てか、ココで叫んで発散(ง •̀_•́)ง

 

選んだのは自分だし、決めたのも自分。

それなりの覚悟もした。

言い訳したら薄っぺらいもんになる。

 

女に二言なし

 『嫌われてナンボだ!』精神で頑張ろ

(๑˃̵ᴗ˂̵)و ヨシ!

 

心が弱ると出てくる感情

心が弱ると寂しさや虚しさを感じる。

 

☆心の弱さの時系列を分析

 

三代欲求:食欲・睡眠欲・性欲

とするならば、私の場合は睡眠欲から

睡眠を時間と捉え、量ではなく質をとる

○最近、遅寝早起きが続く

朝方の夢、寝汗、朝からボーとして昼に覚醒

 

睡眠不足→やる気が下がり→だるい→疲れ→辛い→現実逃避→虚しい→寂しい→心の弱さとなる。

弱くなると他の人に言葉で甘える。

ダメダメな自分に会う。

 

ダメダメな自分となり「はてな」で分析する結果になる。

ココで書くと言うことは受け止め行為が出来ている。

ネガティブからポジティブに変わってきてる!

 

[受け止める=次への行動]

もしくは

[受け止める→心や身体を休める→次への行動]

今は後者である。

 

弱っちい自分と向き合える時間を大切にし、明日からの行動にします。

 

心の余白は、とりあえず寝よう(笑)

それから好きな写真でも撮りに行こうかな。

 

 

 

毒舌はなくなったが、ほぼ以前の自分に戻った。

「他人の不幸は蜜の味」な人とは決別し、たま〜にスーパーで出会う子供の同級生の親と立ち話をするくらいの付き合いである。

 

今はボランティア活動を積極的に参加をして、自分の居場所にしている。

 

以前、自分分析で性格と性質を述べたが…

ちょっと引っかかったので、試しに男性脳・女性脳について調べてみた。

 

f:id:sunrise-sunset35711:20170823164258p:image

 

やっぱり、そ〜なのか!

納得!

 

もう一つ

 

f:id:sunrise-sunset35711:20170823164417p:image

 

どうなのか、わからないけど…

当たっている。

 

昔から男子にはモテないけど、女子にはモテた。

女子高だったのもあるが、バレンタインデーはチョコ貰い放題。

同級生にも結婚を申し込まれた。笑

とても素敵な綺麗なお姉さんからもナンパされたこともある。

ちなみに、男性からナンパされたのは、妊娠中のお腹がかなり目立ってきた頃だった。笑

後ろ姿は痩せていたからだ。

 

とりあえず素の自分に戻れて良かった!

あとは、病気を治して就活。

無理はしません。扶養内で働きます。

時間が来たらサッサと帰ります。

 

また病んでしまったら…

やり直す自信がないから。

 

呟き

心の声を言葉にすると相手が傷つく。

実際、相手から言われた言葉で心が壊れた。

 

容姿や外見などの事を言われても大して傷つかない。

幼い頃から言われ慣れているからだ。

 

 

自尊心つうか性別差別用語と言うべきだろうか…

 

「生理がないのは女じゃない!」

 

こんなことを平気で言える人と暮らしている。

人として、どうなんだろうか。

どんな躾や教育を受けたら、こんな言葉が言えるんだろうか。

要するに、女性蔑視が根付いた環境か、もしくは、何も考えないで発言したのかも知れない。

 

言われた瞬間…

"無知って怖い"と寒気が起こった。

言葉を知らないというより無知な教育を受けてきた可哀想な人なのだ。

 

 

子宮を摘出したら、どんな言葉を言うのか楽しみと思って聴いてみた。

 

「男になる」と。

差別用語認定!!

 

自分が何処から産まれてきたのか、もう少し理解してほしいものだ。

 

では、男性は機能不能になったら…

男でも女でもなく何になるんだろうね。

 

食育

たまには家事の話を!

 

昔ながらの出汁をとって味噌汁作り。

出汁は昆布・カツオ・アゴなどを水だしでもできますが、昆布・カツオ節・煮干をミキサーにかけて粉末にし、そのまま味噌汁の出汁が取れます。

もちろん魚からのカルシウムも取れるから一石二鳥です。

味噌汁以外に煮物や、お塩を加えればふりかけにも変身できてしまう代物です。

 

子供が小学生の頃、食育の公演会があり、食べ物が成長期や、その後、数十年後の病気などと関わることを知り、母親が実践していて、それを自分もしていたことに誇りを持ちました。

 

ただ現代の子供は添加物で育っている子が大半。ファミレスやコンビニで売っている弁当には添加物が含まれる料理が沢山あります。

 

息子は添加物が食べられない訳ではないけど…

インスタント食品をあまり食べさせて来なかったのです。

そのせいか…外食やコンビニなどを利用することはなく、時々、学食は利用しますが、ほぼ自炊生活。

自炊が楽しいみたいだからいいですが…笑

 

しかし、体調が悪い時のご飯が…

 

その為、コチラがクールもしくは冷凍で食事を作り送ってます。離島だから送料も半端ないです。

 

時々、思うのです。

ある程度、添加物に慣れさせておいた方が本人が楽に過ごせたかもと。

 

それに結婚したら味にうるさいから、お嫁さんが可哀想になるかもと。

 

しかし、本物の味を知っておくと、何かとアレンジもできます。

今はクッキング動画もあるし大丈夫ですしね。

 

ひとえに食育と言いますが…

現代人は暮らしにくいのか暮らしやすいのか疑問です。